乾燥肌に効く化粧品を有効活用~カサカサ改善プルプルお肌~

鏡に写った女性

これでカサカサ肌から卒業

化粧水

乾燥肌の人が使う化粧水は配合成分に注目して選ぶ事がポイントです。乾燥肌の人はセラミド不足になっているので、セラミドが配合されているものだと高い保湿効果を期待できます。洗顔後は水分が蒸発しないうちに化粧水をつけるようにしましょう。

正しく化粧を落とします

洗顔

乾燥肌の人に限らず乾燥を感じる人がたくさんいます。そんな時はスキンケアを見直すべきです。特にクレンジングはスキンケアのスタートですから大事です。優しくこすらない事や自分の肌に合ったクレンジング商品を使う事を心がけましょう。それが肌トラブルを避ける第一歩です。

肌に負担をかけない商品

女性

自分の肌を知る

肌がカサカサして白い粉が出る様な肌質の方は乾燥肌体質のため、化粧品選びの際はうるおいやしっとりと明記されている肌に水分を与える商品が合っています。乾燥肌の方は生まれた時からの場合と年齢を重ねて次第に肌が乾燥し始めた場合があり、子供の時から乾燥やあかぎれなどに悩んでいる場合は皮膚科を受診すると病名が付く場合があります。体に必要な皮脂をうまく作れない病気の方の場合は病院での処方薬も使用しながら、処方薬の効果を邪魔しない植物由来で作られた化粧品など自然由来の商品が安心です。余計な保存料や香料、着色料などが含まれている化粧品は処方薬を使用している場合は化学反応を引き起こす可能性もあるため注意が必要です。

若い肌を保つ

乾燥が続いた肌は荒れてシワやシミの原因になるため乾燥肌ではなくても肌のうるおいを保つ事が重要で、最近は様々な乾燥対策の化粧品が販売されています。高額な商品も多く購入する方もいますが、常に肌を乾燥させない事が大事になってくるため高額な商品を1日に1度使用するよりも、安価な乾燥を防ぐ化粧品を乾燥を感じたら使用する方が肌の水分補給になり若い肌を保ちます。乾燥肌体質の方は皮膚科医監修の商品や自然由来の商品、皮膚疾患などで乾燥する肌の方のために専門に作られた商品が肌トラブルを起こしにくく安全性が高く効果が期待できます。全身の乾燥の場合はクリームが有効で、特に医薬品に指定されている商品は処方薬に近く効果が高くなっています。

冬場の乾燥を乗り切る方法

顔の手入れ

肌の水分量が低下してしまうのは、保湿が充分でないからです。特に外気も室内も乾燥している冬は、乾燥肌の方は乳液と化粧水によるミルフィーユ塗りで乗り切りましょう。また、体の冷えは肌の乾燥とも大きく関係していますから、体を温めるようにしましょう。